JEA日本疫学会は人・社会の健康問題の解決を目指す、様々な分野の会員交流の場です。臨床、看護、保健、福祉、健康関連分野の方々も大歓迎です。 新規入会の方はこちら

学会誌・書籍

日本疫学会からのお知らせ

rss

事務局から

第75回日本公衆衛生学会総会にて、日本疫学会主催で教育講演3「疫学とその活用」を開催します。
【日時】2016年10月27日(木)14:30~15:30
【場所】第2会場(ナレッジキャピタル コングレコンベンションセンター B2F ホールC) 大阪市北区大深町3-1 グランフロント大阪 北館 B2F
【座長】磯 博康(大阪大学大学院医学系研究科公衆衛生学)
【演者】川村 孝(京都大学環境安全保健機構健康科学センター)
詳細

事務局から

Travel Grants 応募者の募集
昨年に続き第27回学術総会に参加する海外の学生、若手研究者を対象としたTravel Grantsを実施します。1人10万円を7人に提供します。本学会への入会と総会での発表が条件です。海外のお知り合いの研究者、共同研究者への声かけをよろしくお願いします。
【応募締切】2016年9月30日(金)

travel grants
案内PDF

事務局から

「一般の方向け 疫学紹介スライドショー」のコンテスト公募
2015年度に続き広報委員会では一般の方向けの疫学紹介スライドショーコンテストを実施します。 優秀作品は学会サイトで公開し、次回学術総会で表彰致します。 受賞者には賞品もありますので、是非ご応募ください!
【応募締切】9月30日(金)
コンテスト公募の詳細
案内

事務局から

日本多施設共同コーホート研究(ジェイミック スタディ)が「日本の大規模コホート研究」に掲載されました

日本語版   英語版  

事務局から

一般向けコーナーに過去の市民公開講座のリストを掲載しました。
一般向けコーナー

事務局から

2015年のインパクトファクター
最新のIFが公表されました。
過去8年間のIFの推移
一般的なIF(過去2年間)は青線で示した様に、2015年のIFが2.546と昨年の3.022に比べて約0.5ポイント減少しました。 一方で赤線で示した5年間のIFは2012年以降上昇し続けており、このことは、長く引用される論文が多いことを示しています。 IFの変動の要因については現在編集委員会で精査しており、今後の新たな対策を検討して参ります。

事務局から

【JEの掲載料改訂】
2016年6月1日新規投稿論文からJournal of Epidemiologyの掲載料を改訂します。
JE掲載料改訂のお知らせ

関連団体からのお知らせ

rss

セミナー

医学統計学研究センター第4回セミナー
【ネットワーク・メタ・アナリシス入門 -
WinBUGS,、STATAを利用した解析事例の紹介-
Introduction to Network Meta-analysis : Synthesis of direct and indirect source of evidence】
(2016年10月7日 東京)

公募

平成29年度「放射線の健康影響に係る研究調査事業」(委託事業)新規研究課題の公募の お知らせ
環境省では、東京電力福島第一原子力発電所事故後の、住民の健康管理や健康不安解消への取組の有効性を高めることを主目的として、放射線の健康影響に関する研究調査について平成29年度より新規に実施する研究課題を公募します。
<募集期間> 平成28年9月5日(月)~平成28年10月5日(水)18時まで

募集

公益財団法人 後藤喜代子・ポールブルダリ癌基金協会「2016年度 顕彰論文募集のご案内」
【募集期間】平成28年7月~9月30日(金)
応募要項

募集

2016年度「第37回猿橋賞」受賞候補者の推薦
【対象】推薦締切日に50才未満で、創立の趣旨に沿って自然科学の分野で優れた研究業績を収めている女性科学者(ただし、日本に在住・在職で、かつ今後も国内で若手の育成に貢献できる人)
【締切】2016年11月30日(必着)
募集要項