日本を対象とした研究

Serologic survey of IgG against SARS-CoV-2 among hospital visitors without a history of SARS-CoV-2 infection in Tokyo, 2020-2021

(2020年9月から2021年3月における都内病院の来院者を対象とした抗新型コロナウイルス抗体保有の大規模血清疫学調査)

DOI: https://doi.org/10.2188/jea.JE20210324

Advance online publication: November 13, 2021

Authors: Takahiro Sanada, Tomoko Honda, Fumihiko Yasui, Kenzaburo Yamaji, Tsubasa Munakata, Naoki Yamamoto, Makoto Kurano, Yusuke Matsumoto, Risa Kohno, Sakiko Toyama, Yoshiro Kishi, Takuro Horibe, Yudai Kaneko, Mayumi Kakegawa, Kazushige Fukui, Takeshi Kawamura, Wang Daming, Chungen Qian, Fuzhen Xia, Fan He, Syudo Yamasaki, Atsushi Nishida, Takayuki Harada, Masahiko Higa, Yuko Tokunaga, Asako Takagi, Masanari Itokawa, Tatsuhiko Kodama, Michinori Kohara

ハイライト:

  • 2020年9月から2021年3月における都内病院の来院者23,324人の新型コロナウイルスに対する抗体の保有状況を解析した。

  • 全検体の抗体保有率は1.83%であった。

  • 2021年3月における東京都の抗体保有率は3.4%と推定され、470,778人が新型コロナウイルスに感染歴があると推定された。

  • 推定された2021年3月の抗体保有者は、実際に2021年3月までに感染が確認された数の3.9倍で、新型コロナウイルス感染の74.3%が診断されなかった可能性が示された。

Highlights:

  • Serum of 23,234 visitors to Tokyo hospitals from September 2020 through March 2021 was tested for IgG antibodies against SARS-CoV-2.

  • The overall anti–SARS-CoV-2 IgG seroprevalence among all participants was 1.83% (95% CI, 1.66–2.01%).

  • After adjusting for population age and sex, the estimated seroprevalence in Tokyo in March 2021 was 3.40%.

  • The estimated number of people with a history of SARS-CoV-2 infection was 3.9-fold higher than the number of confirmed cases.