若手の会

若手の会

1.若手の会(疫学の未来を語る若手の会)

若手疫学者が集い、意見を交換し、将来を語り、そしてたまに酒を飲むことを目的としています。「自称若手疫学者」でしたら、どなたでもご参加できます。きちんとした研究会の雰囲気で議論をする場という意義の他に、若手疫学者の交流の場としての意義も大きいと思われます。全くの雑談や近況報告が入ったり、ちょっと一杯ひっかけながら、疫学談義をしているような雰囲気になるのもいいなと思っております。日本疫学会学術総会にあわせて開かれる「若手の会(疫学の未来を語る若手の会)」にぜひご参加ください。

2.疫若ML (疫学若手メーリングリスト)

第3回の若手の会(1998年)の際に電子会議の提案があり、メーリングリストが発足しました。「疫学に関係していると自分が思ったこと」を中心にさまざまな情報交換が行われています。
このメーリングリストでは、随時新しい参加者を募集しています。日本疫学会会員で、「自称若手疫学者」でしたらどなたでもご参加できます。参加ご希望のかたは、こちらをご参照ください。

3.「若手の会」ホームページ

「疫学の未来を語る若手の会」ホームページは、こちら[http://youth.jeaweb.jp]をご覧ください。

youth_image

「疫学の未来を語る若手の会」Facebookは、こちら[https://www.facebook.com/EkiWaka]をご覧ください。

4.連絡先

世話人
(代表幹事)
愛知県がんセンター研究所 尾瀬 功(総務担当)
東京医科大学公衆衛生学分野 菊池宏幸(会計担当)
東京女子医科大学衛生学公衆衛生学第二講座 清原康介(広報担当)