委員会活動

委員会活動

一般社団法人日本疫学会では、23の委員会等を設置し、様々な活動を行っています。
以下は、各委員会等の活動予定(2016年1月~2018年1月)です。

Journal of Epidemiology編集委員会

Journal of Epidemiologyの編集、発行を行う。

  1. 編集者及び査読者の国際化
  2. 国際編集委員会の開催
  3. 国際編集者会議への出席
  4. 学会誌ホームページの完全2か国語化とPubMedCentralへの公開
  5. 国内外の関連学会誌との連携についての意見交換
  6. 編集室体制の強化
  7. Committee on Publication Ethics (COPE) のガイドラインへの対応
  8. 優秀査読者、優秀論文表彰
  9. 編集委員、査読者などのCOI対応

学術委員会

学会総会での学術関連行事、疫学サマーセミナー等の開催、その他の学術活動

広報委員会

学会の広報を行う。

  1. ニューレターの年2回の発行
  2. 日本疫学会ホームページを通じた広報活動の企画
    (現時点では、日本の大規模コホート研究についての情報提供を行っているが、その内容の更新と新たな企画)
  3. 学会の活動に関する広報、一般向けの知識の提供
  4. 緊急的に疫学会としての情報提供が必要になった場合の適宜対応(前期における東日本大震災関連の情報提供などがその例)

法人化定着委員会(新)

一般社団法人としての規定等の整備と体制強化

選挙規定検討委員会

今後の選挙制度について必要な場合には再検討、課題の検討

選挙管理委員会

2017年に実施する代議員・理事・理事長選挙の準備

疫学専門家養成検討委員会

疫学専門家認定制度導入についてアンケート結果の報告、検討、計画

国際交流委員会

  1. 国際疫学会(IEA)などとの連携強化
  2. 日韓、日台セミナーの企画・実施
  3. トラベルグラントの実施
  4. その他の国際交流の企画

国際疫学会準備委員会

2017年開催の国際疫学会学術総会の準備を行う。
WCE2017

医療情報・統計利用促進委員会(改名)

医療情報、疫学データベース等の利用促進に関する検討、支援

倫理問題検討委員会

倫理問題についての諸課題の検討

倫理審査委員会

東日本と西日本にそれぞれひとつずつ設置し、日本疫学学会会員の研究が科学的かつ倫理的に行われるかどうかを審査する。
詳しくは【倫理審査について

利益相反 (COI) 委員会

利益相反 (Conflict of Interest)について検討を行う。
COI指針・細則の再検討

学会連携推進委員会(新)

他の学会との連携の強化、推進(共催セミナー・シンポジウム、PR事業)

将来構想検討委員会(新)

2008年の将来構想を受けて、新たな構想の検討

疫学研究支援委員会

疫学研究支援のPRと遂行
詳しくは【疫学研究支援事業について

奨励賞選考委員会

奨励賞の選考を行う。
理事長に推薦のあった奨励賞受賞者推薦書に基づいて厳正に審査し、受賞者を選考する。
※奨励賞推薦の手続きは、こちら
※奨励賞に関する細則は、こちら (P5-6)

名誉会員推薦・功労賞受賞者推薦

一般社団法人日本疫学会の細則に基づき、名誉会員、功労賞受賞者を選考し、理事長に推薦する。
※名誉会員の推薦に関する細則は、こちら (P2)
※日本疫学会功労賞に関する細則は、こちら (P4-5)

財務担当委員

財務に関する助言、提案

日本医学会担当委員

日本医学会、日本医学会連合との連携
・日本医学会評議員
・日本医学会連絡委員
・日本医学会用語委員、用語代委員
・日本医学会COI委員会委員

全国公衆衛生関連学協会連絡協議会(全公連)担当委員

全国公衆衛生関連学協会連絡協議会との連携

禁煙推進学術ネットワーク連絡委員会

1.「禁煙推進学術ネットワーク」との連絡調整
2. 喫煙の健康影響およびたばこ対策に関する企画の立案と運営
3. その他、喫煙の健康影響およびたばこ対策に関する国内外の情報共有